Cafe and Winery TATESHINAPPLE

長野県原産地呼称管理委員会認定
信州立科町の蓼風が育むリンゴ好きなアナタのためのりんごのお店 たてしなップル
たてしなップル製品は、長野県原産地呼称精度において認定を受けております。

たてしなップル・シードルが「長野県原産地呼称管理制度」にて認定されました!

平成30年1月30日(火)に長野県原産地呼称管理制度による第30回ワイン・第20回シードル官能審査会が東京都「田崎真也ワインサロン」において開催されました。4品のシードル出品の中からたてしなップルのシードル2品が認定されました。
当日の認定品は下記の通りです。

第20回 シードル官能審査会 認定リスト
(PDFファイル)

 

◆「長野県原産地呼称管理制度」とは?

”長野県では、より高い品質の農産物及び農産物加工品を提供していくことで生産情報を消費者へ開示し、消費者の信頼を得ながら地域の振興を図ることを目的とした「長野県原産地呼称管理制度」を平成14年度に創設しました。
この制度では、農産物の原料や栽培方法、飼育方法、味覚による区別化を行い、「長野県で生産・製造されたもの」を自信と責任を持って消費者にアピール、消費者の信頼を得ながら生産者の生産意欲を更に醸成し、長野県産農産物のブランド化を目指しております。
平成15年度にワイン及び日本酒から認定をスタートし、平成16年度に米、焼酎、平成19年度にシードルの認定をスタートし、これまでに延べ4,968の認定をしております。(平成29年6月2日現在)”

※長野県Webサイトより引用
長野県原産地呼称管理制度の概要
(PDFファイル)
たてしなップルのシードルは、シードルの認定がスタートした平成19年より毎年選定され認定をうけております。

お客様の声を見る